-TOP
 -ご挨拶
 -テーマと大会ロゴについて
 -OSEALの歴史
 -組織委員会
 -役員一覧
 -スケジュール
 -フォーラムキット
 -開催会場案内
 -事務局

 -MD332C地区 -宮城
 -MD332A地区 -青森
 -MD332B地区 -岩手
 -MD332D地区 -福島
 -MD332E地区 -山形
 -MD332F地区 -秋田

 -飛行機
 -新幹線
 -仙台駅構内
 -仙台空港内
 -大会会場へのアクセス



Windows Media Player を入手する




 フォーラムの歴史

元国際理事  菊地 伸治

決議が会員およびクラブに対し拘束力を持たない。
この点で地区大会、複合地区大会、国際大会とは基本的に異なる。

フォーラムのルーツは1957年マニラ第1回アジア大会にはじまる。
1962年マニラ第1回東洋東南アジア大会を基点とし、1975年台北第14回東洋東南アジアフォーラム以来今回に至る。

フォーラム規則第6条2項に基き
引き続き次の3回フォーラム開催地は現フォーラムで決定され、それは本規則第1条に規定されたOSEAL(Orient and Southeast Asia lions)の7構成員の間でローテーションを基盤とする。

友好・親善・経験交換・ライオニズムの高揚発展を計ることから、国際理事会の正式行事として認められている。

国際協会は世界のライオンズクラブを地理的に7つの領域Aアメリカ及びその周辺、Bカナダ、Cメキシコ・中南米・カリブ諸島、Dヨーロッパ、Eインド・南アジア・中東、F東洋東南アジア、G大洋州及びその周辺に分け、国際理事の選出をこの地域から33名を選出している(2003年)
この地域ごとに地域(エリア)フォーラムが毎年開催されている。
現在7領域のうち5領域が開催している。

国際理事会の見解で「フォーラム」とは、国際会則第2条国際協会の目的(g)項「一般に関心のあるすべての問題」を「自由に討論できる場」を指し、次に開催目的をあげている。


フォーラムの目的
(1) ライオンズクラブ国際協会の目的と方針を促進する。
(2) 地区およびクラブ役員を指導教育する。
(3) 合同事業の可能性を含む奉仕事業一般について意見や情報を交換する。
(4) LCIFに対する理解と認識の向上を計る。
(5) 当該年度の国際会長の方針推進


東洋東南アジアフォーラム
(Orient and Southest Asian lions Forum)

  フォーラムを構成する国及び地理的領域
  2003年6月30日現在14ヶ国を含む18地理的領域は下記による。

国又は地理的領域
地区番号
クラブ数
会員数
156 グアム(米) 204 14 316
157 ミクロネシア 204 2 39
158 サイパン(米) 204 3 56
159 パラオ 204 1 16
160 中華民国(台湾) 300 914 29760
161 フィリピン 301 409 12449
162 香港(中) 303 53 1149
163 マカオ(中) 303 2 31
164 マレーシア 308 210 5637
165 シンガポール 308 67 1750
166 ブルネイ 308 2 40
167 タイ 310 304 8641
168 日本 330〜337 3396 129870
169 韓国 354〜355 1760 72323
170 モンゴル 5 138
171 カンボジア 3 71
172 広東(中) 1 107
173 深州(中) 39 1218
合計
7184 263591


東洋東南アジアフォーラム開催地及び開催予定地
年月
名称
開催地
1957.12 第1回アジア大会 マニラ
1958.10 第2回〃 東京
1959.9 第3回〃 台北
1961.9 第4回〃 香港
1962..11 第1回東洋東南アジア大会 マニラ
1963.11 第2回〃 台北
1964.9 第3回〃 京都
1965.11 第4回〃 香港
1966.10 第5回〃 ソウル
1967.11 第6回〃 バンコク
1968.11 第7回 マニラ
1969.11 第8回〃 台北
1970.8 第9回〃 名古屋
1971.10 第10回〃 シンガポール
1972.9 第11回〃 ソウル
1973.12 第12回〃 バンコク
1974.12 第13回〃 香港
1975.11 第14回東洋東南アジアフォーラム 台北
1976.11 第15回〃 マニラ
1977.10 第16回〃 福岡
1978.11 第17回〃 クアランプール
1979.11 第18回〃 ソウル
1980.12 第19回〃 バンコク
1981.12 第20回〃 香港
1982.11 第21回〃 台北
1983.11 第22回〃 マニラ
1984.9 第23回〃 札幌
1985.11 第24回〃 シンガポール
1986.10 第25回〃 ソウル
1987.11 第26回〃 バンコク
1988.12 第27回〃 香港
1989.11 第28回〃 台北
1990.10 第29回〃 マニラ
1991.11 第30回〃 神戸
1992.11 第31回〃 クアランプール
1993.11 第32回〃 ソウル
1994.12 第33回〃 バンコク
1995.12 第34回〃 香港
1996.11 第35回〃 台北
1997.11 第36回〃 マニラ
1998.11 第37回〃 横浜
1999.11 第38回〃 シンガポール
2000.11 第39回〃 釜山
2001.12 第40回〃 バンコク
2002.11 第41回〃 香港
2003.11 第42回〃 台北
2004.12 第43回〃 マニラ
2005.10 第44回〃 仙台
     

仙台フォーラム誘致過程
(1)  1991年第30回神戸フォーラム開会時、槌橋フォーラム委員長より7年後仙台開催を
菊地伸治元国際理事、鈴木豊二協議会議長を含め5名の332複合地区ガバナーに要請される。
(2)  1994年第40回332複合地区年次大会(青森市)乗田幸三協議会議長のもと、代議員会、大会提案決議承認される。
(3)  1995年4月 議長連絡会議 新堀豊彦世話人、斎藤寅蔵議長のもと、第37回フォーラム日本開催地立候補3市(横浜、広島、仙台)の投票が5人の議長によって行われる。横浜市に決定する。7年後仙台市開催が約束合意される。
(4)  庄子代一、菅野俊夫、榊田進、土田謙、黒澤康男、千葉正勝、熊坂英二、各議長により大会提案承認される。
(5)  2002年8月 議長連絡会議、小ヶ内和義世話人、奥山紘一議長のもと、日本開催の際は、332複合地区仙台市周辺で開催することが確認される。
(6)  2002年11月9日 第41回香港フォーラム 協議会議長とガバナー会議にて奥山議長のもと3年後第44回は仙台市と決定。
(7)  2003年1月22日第5回ガバナー協議会議長連絡会議にて奥山議長のもと、330〜337複合地区全メンバー1名1000円の協力金拠出案が上提され、決議を得る。
本年度各複合準地区年次大会提出議案、提案依頼と実施計画案を提出する。
(8)  2003年2月11日台北で開催の第1回ステアリング委員会 菊地伸治フォーラム委員長出席のもと、第44回OSEALフォーラム仙台市開催正式決定する。
(9)  第49回332複合地区大会にて開催地332複合地区内全クラブ1名2400円の拠出決議がなされた。全日本7複合地区1名1000円の協力金支援決議がなされた。
(10)  2003年7月フォーラム組織委員会は7部会21委員会の実行委員会を組織構成、テーマとロゴマークを決定。
内部計画準備と地域広報と県、市への支援要請の手順推進する

第44回OSEALフォーラム 仙台市開催概要

開催年月日  2005年10月7日(金)から10日(日)
開会式会場  グランディ21(宮城県総合運動公園 総合体育館)
閉会式会場  仙台国際センター
事務局  仙台市青葉区中央二丁目11-23 太田ビル4F
TEL022-217-4300 FAX022-212-5444


2002年12月11日奥山紘一332複合地区ガバナー協会
第5回臨時ガバナー協議会にてフォーラム規則第5条にもとづき、
菊地伸治元国際理事 フォーラム委員長に任命する。

2003年1月21日 第1回フォーラム組織委員会
千葉正勝元協議会議長 実行委員長に
秦従道現ガバナー 本部事務局長に任命される

フォーラム規則第6条にもとづき

2002年11月9日 第41回香港フォーラム決議案上提。
  第42回台北
  第43回マニラ
  第44回仙台での開催決定承認

東洋東南アジア地域14ヶ国7000クラブ、270000会員の親善と協調融和のため、開催されるアジアの祭典である。
東北、日本、アジアから「真のライオニズム」を世界に発信する絶好の機会と受け止める(ロゴの原点)
ホスト地区である332複合地区として日本ライオンズの威信と誇りにかけ、過去7回(東京・京都・名古屋・福岡・札幌・神戸・横浜)の実績と評価を踏まえ、心に残る機会と場を目標とする。
異なった国々の文化、国民性を持つ同志、友愛と親睦を深める。地域各国の間に「いかにライオニズムを浸透させるか」「その地域に適した活動が出来るか」を共通課題に本フォーラムテーマを「躍進」とし、改革の路線を「共に考え」「共に前進すること」を誓い合う。



ライオンズクラブ国際協会 第44回OSEALフォーラム組織委員会
〒980-0021 仙台市青葉区中央2丁目11−23
 太田ビル4F
TEL 022-217-4300 FAX 022-212-5444
Mail:office-foc@lions-clubs.org

OTA-BLDG 4F
Chuo Aoba-ku Sendai City 2-11-23
980-0021 Japan
©2004 copyright The 44th OSEAL Forum in Japan